心臓病は死に繋がる!?心臓に良い生活を送る方法!

心臓と血液の大切な関係

心臓は私達の全身に血液を送る大切な臓器です。一方、毎日どこよりも酷使されているパーツでもありますから、それだけ病を発症する機会も多いものなのです。できるだけ心臓病を抑えて長生きするためにも、予防方法を学んでおきましょう。例えば心臓が送り込んでいる「血液」がドロドロだった場合、ポンプのような役割を果たしている心臓にも大きな負担がかかります。できるだけサラサラな血液を保つために、コレステロールの低い食生活を心掛けるようにしましょう。

心臓は自律神経とも関わりがある

心臓の健康を保つ場合、食物繊維豊富で健康な食生活を心掛ける事が大切ですが、他にも重要なポイントがあります。それは、ストレスを溜めない事です!心臓の働きには自律神経が大きな影響を与えていますので、適度にストレスを発散しつつ日々の生活を送る事が大切です。もちろん運動不足の場合、身体に脂肪が蓄積しすぎるだけでなく、ちょっとした運動で心臓に負担を与えてしまいますので、毎日適度に身体を動かすようにしましょう。

予兆から大病を防ぐ事が大切

多くの場合、大病の前には予兆的な症状が現れます。心臓病に罹る前にもそうした症状が現れる事がありますので、見逃さないようにしましょう。例えば、激しい運動をしていないのに不整脈が起こるようになったり、心臓に痛みを感じる場合は注意が必要です。早期に病院に足を運んで診てもらうようにしましょう。他にも意識を失う瞬間があったり、疲れやすくなっている場合、心臓の問題からそうした症状が現れている事がありますが、早期発見で治る病もありますので気になる事がある際は検査してみましょう。

僧帽弁閉鎖不全症とは、左心房と左心室の間にある僧帽弁の閉鎖機能が悪くなる病気です。僧帽弁逸脱症やリウマチ熱などが原因で、僧帽弁置換手術や僧帽弁形成手術によって治療することが可能です。