治療時間わずか30分!!血液クレンジングでアンチエイジング

血液クレンジングって何?

血液クレンジングとは、採血した血液にオゾンガスを溶かして患者の体内に戻すアンチエイジング治療です。採血すると聞くと大変そうですが、献血で採血される量の標準が200ccなのに比べると、血液クレンジングで採血する量は、100ccと非常に少なく負担が少ないのが分かるでしょう。採血してオゾンガスを溶かした血液は、30分かけて点滴によって体内に戻します。オゾンが血液に溶けると酸素に変化し、体内を活性化させます。

血液クレンジングを受ける頻度

血液クレンジングを受ける頻度は目的によって変化します。美容効果やアンチエイジングが目的の人は、月に1回治療を受けるのが基本で、効果を高める場合や年齢が高く、アンチエイジング効果の効きが悪い場合は月2回に頻度を上げます。血液を常に酸素が多く含まれる状態に保ち、基礎体力をアップさせる目的で治療を受けている場合は、週に1回の血液クレンジングが基本で、免疫力を上げる場合は週に2回の治療が標準的な頻度です。

血液クレンジングの効能

血液クレンジング療法は、免疫力をアップさせること以外にも多くの効能があります。インターフェロンを増加させることでB型・C型肝炎の治療をしたり、アトピー性皮膚炎などの症状改善にも効果を発揮します。酸素が血液中に増えることで素早く疲労回復でき、血行障害が改善され肩こりや頭痛が緩和します。日本国内での知名度は低いですが、ヨーロッパでは高い医療効果が認められて、保険適用で治療が受けられます。普通の治療で症状が改善されない悩みがある場合は、血液クレンジングを試してみるのもいいでしょう。

血液クレンジングとは自分の血を抜き取りそれにオゾンガスを混合、オゾン化した血液を体内に戻すことをいいます。